オール電化の料金一本化

 

ガスの基本料金が無くなる事で、季節別時間帯別電灯や時間帯別電灯などのオール電化住宅向けの料金プランを活用した特約料金によって、光熱費はガスとの併用よりも一本化にした方が安いと電力会社は説明しています。そういった一本化に料金体制を変えたとしても、電気の使い方や設定の仕方が不適切だとそれ以上にお金がかかってしまう場合があります。
電気の使用時間として、夜の時間帯は割安に設定してありますが、昼間の時間は割高です。使い方一つで安くできます。しかし、生活スタイルや家族構成や、必要とするお湯の量に合わせたタンク容量の選択する事が必要です。夜間時間帯にあわせたタイマーの設定など電気使用の時間帯を意識する必要があります。初期設定のまま利用をすると不適切な使い方になる場合が少なくありません。
電気給湯機のタンクの容量が小さい場合だと、深夜の時間帯に沸かしたお湯では足りずに、割高の時間帯を使い沸かす事をする事があれば、光熱費が高くなってしまいます。また、貯める方法をとっているため、お湯を使わなかった場合はそこでロスになってしまいます。

<PR>大学生向けの英会話スクール

コメントを残す