保険のリフォームの前に家のリフォーム?

PR| 住宅のリフォーム|

保険のリフォームの前にまずは、住宅のリフォームをするということで
しっかりとリフォームの言葉を学びましょう。

田舎間(いなかま):基準尺のひとつで、田舎間のほかに京間、関東間などあります。

稲子(いなご):板を重ねた際に隙間ができないように用いる裏面細工のことです。

芋目地(いもめじ):タイルやブロック、石貼りレンガを貼る際のつなぎ方のひとつで、縦横十文字に揃っている施工法のことです。

入り母屋(いりもや):屋根の形状のひとつで、数奇屋風や書院風などの仕様がある。

入炉(いろり):お茶室などで、畳の中に作られた炉のこと。

いも:ホゾやメチを使わないで、切った材木をそのまま取りつけて作業すること。

板目(いため):木材を切った際に現れる年輪の模様。

一間(いっけん):一間は6尺=1820mm。

請負(うけおい):請負契約のこと。

薄鑿(うすのみ):突鑿ともいい、細かな細工の仕上に使う鑿のこと。

腕木(うでぎ): 垂木や庇などを支えるために、柱や梁から横に突き出させた横木のことをいいます。

裏矩(うらめ):差しがねの裏側の目盛りのこと。

裏出し(裏出し):鉋や鑿の刃先に裏をつけること。

コメントを残す