子供部屋を広く使う

狭い部屋を複数の子供が使う場合、やはり最も気になるのはプライバシーの問題や、それぞれのスペースが狭いことからくるストレス。たとえば子供が2人いれば、部屋には2人分の勉強机や寝具(ベッドなど)、またそれぞれの荷物を収納するスペースも必要になってきます。これが6畳程度の部屋ならば、もう普通ではちょっと考えられない……と思われるかもしれません。
しかし内装リフォームのやり方いかんによっては、それでもうまく空間を利用することでかなり広く使うことができるのです。なかでも大きなポイントとなるのは、造りつけの家具です。既製品の場合は部屋になかなかサイズがぴったりくる家具を探すのが難しいものですが、部屋の形に合わせて工務店などの業者にあらかじめ造りつけで家具を設置してもらえば、そのぶん広く使えるというわけです。
部屋を有効に使うには、無駄なすき間をなくすことが最大の工夫ポイント。是非参考にしてみてください。きっと想像以上に部屋が広く感じられることでしょう。

コメントを残す