自家発電の一戸建ては停電時に強し

地震に強い家は、お金がかかるのでそこまで追求できなかったのですが、しかし「停電の際に強い家」はある程度意識しました。いや、「強い」というほどにまでは強くもないと思いますが。しかも、なんのことはなく、太陽光発電を備えた家ということなのですけれど。要するに、災害に伴う停電時でも、自家発電ができる一戸建て住宅なので、数日間ぐらいは大丈夫だということを言いたいのです。

ただし、自家発電は太陽光発電ですから、災害が起きて停電になったとして、晴天が続かないことには電力もつきてしまうのですが。しかし、停電になったとしても晴れの日が続けば、自分の家の電力を補えるぐらいには電力の補充ができるのです。いや、晴天時の発電はむしろ余剰分がでるぐらいですね。

ちなみに電力の余剰分は、契約している電力会社に買い取ってもらう形になっています。また、不足分がある場合は、契約している電力会社から供給をしてもらっています。まあとにかく、災害に伴う停電時でも太陽光発電が役に立ったことがあるので、やっぱりつけておいて良かった設備だと思っています。太陽光発電は、ちょっと考える金額の投資ではありましたが、しかし停電時でも電気が使えたことにはとても感謝していますので。