マイホームのキッチンにだけはこだわりたい

PR|遺品整理なら安心の七福神週末は車のデッドニング熊本市注文住宅実績トップレベル

マイホームを建てるにあたって、埼玉県で有名オーダー家具店に依頼するキッチンにはこだわりました。キッチン以外のスペースは、「なんでもいいよ」ぐらいのやる気のなさというか興味のなさだったのですが、しかしキッチンに対してだけは、沸き起こるこだわりが強かったですね。北欧のキッチンにも憧れ、豊田市で輸入住宅を探してみたり知立市で注文住宅の工務店と話したりしました。

ちなみに、結局は注文住宅で家を建てています。注文住宅で建てるからこそ、私の中にあるこだわりが沸き起こって来たのでしょう。とくに先にも言いましたように、キッチンに対してはこだわりの沸き起こる量がものすごかったものですから。やっぱり私も「女性だな」「主婦だな」と思ったわけです。

まず、キッチンについては間取りを考える段階からこだわりました。キッチン設備だけにこだわったわけではないのです。私はキッチンのタイプにもこだわりたかったのです。というか、独立型のL字キッチンが嫌だったのです。

独立型のL字キッチンを全面否定するわけではなく、ただ単に私の好みです。独立型のキッチンについて、「キッチンだけのスペースだから料理に集中できていいよー。扉を閉めたら子供の声とか聞こえないし」とか、「独立型のキッチンの方が掃除が楽だよ。使わない時は、扉を閉めておけば、リビングの埃とかやってこないから埃とかで汚れないし」という意見もあります。確かに、独立型のキッチンのメリットだと思いますよ。

ただ、やっぱりキッチンについても好みによるところは大きいでしょう。私はやっぱり独立型のキッチンは嫌なんです。家族の気配を感じていたいので、リビングとダイニングスペースとつながっているところにキッチンが欲しかったのです。ですから、キッチンはリビングとダイニングと同じスペースに配置しています。そして、対面式のキッチンを選んでいます。

キッチンを独立型にするか、それともリビングとダイニングと一体空間タイプにするかで、マイホームの間取りが変わってきますから、大きなポイントだと言えるでしょう。そこでまず一つ目の私のこだわりだったのです。ですから家族は、ここで私がキッチンについてだけは主張したことで、私の本気を感じたことでしょう。それ以降、キッチンについては私にお任せにしてくれましたから。そして今、こだわっておいて良かったなーと思っています。これも注文住宅だからこだわることができたのかもーと思っていますよ。

<特別広告>生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけん住宅リフォーム総合情報

コメントを残す